歩行者の視野に入る最も身近な位置にあるので、広告内容を十分に発揮することができます。
両面に広告内容が入るので、両方向から歩道を通る人々にアピールできます。電飾看板の場合、暗くなると光に映える色が目立ち広告効果が期待できます。
飲食店などではメニューの写真を表示することもでき、すべての業種に向いています。